今回はカンペール(CAMPER)のブーツのオールソールカスタムを紹介致します。

カンペールはウレタン系のソールを使っていることが多く、アッパーの状態は良くてもソールがダメになってしまいがちです。今回の靴もソールの加水分解が進み割れや欠けが見られる状態でした。

せっかく馴染んだ靴を捨ててしまうのは惜しいですよね。そんな時はオールソールがおすすめです。

オールソールにも色々な方法がありますが、お客様と相談し厚めのスポンジソールへのカスタムとなりました。

ただカンペールは一筋縄ではいきません。元のソールが立体的な形状なので、そのまま新しいソールをつけても元のソール跡が残ってしまいます。今回はレザーを貼り、オパンケ縫いを施す事でソール跡を隠す方法をとりました。

 

<Before>

 

 

<After>

 

元の雰囲気を残しつつカスタムできたかなと思います。よりブーツらしくなりましたね。

 

staff.YS