こんにちは!

今回はダイナイトソールとvibram2055ソールについてです。

イギリス製紳士靴のラバーソールといえば定番のダイナイトソールがあります。チャーチ、トリッカーズ、エドワードグリーンなど多くのブランドで使われています。

すっきりした見た目ながら、中央部の凹凸で雨の日でも滑りにくい優秀なソールです。

そんなダイナイトソールにも弱点があります。それはマッケイ製法の靴と相性がよくない事です。

マッケイ製法の靴はグッドイヤー製法の靴に比べて縫いが内側に入ります。その縫いが中央の凹凸に干渉してしまうのです。

そんなマッケイ製法の靴でもダイナイトソールと同様のソールパターンで使用できるソールがあります。それがvibram2055ソールです。

<左・ダイナイトソール、右・vibram2055ソール>

少々わかりづらいですが、vibram2055ソールは中央の凹凸が少し小さく、内側に寄っています。マッケイ製法の靴でも縫いが干渉しづらくなっています。

最後にマッケイ製法の靴でvibram2055ソールでのオールソール例を紹介します。

staff.YS