こんばんは。

本日はダンヒル(Dunhill)ブリーフケースのパイピング修理についてご紹介させて頂きます。

普段から愛用しているバッグは大切にしていても、やはり角のスレが目立つようになってきますね。

このような革の破れも綺麗に直すことができるんです💼✨

 

修理前の状態ですが、パイピングの革が破れて中の芯もなくなってしまっています。

中を開いて、一度痛んだ革を切り離します。

なくなってしまった分の新たな芯を中に挿入し元のパイピング芯と固定します。

新たに作り直したパイピングの革を芯の上から張り込んでいきます。

このあとは元のパイピングと一緒に中に巻き込んで、内縫いします。

こちらで完成です。

ちなみにこちらのブリーフケースはファスナー修理も一緒に行いました。

しばらくは安心して使用することができると思います😊

今後も長くご愛用頂ければ幸いです🙏

Staff S.H